助産師の年収について

助産師とは、分娩のサポートをおこなったり、妊婦や新生児の健康管理をはじめとする保健指導をおこなう人のことです。通常分娩であれば医師の代わりとして助産をおこなうことも許可されています。そういう意味では助産師は、看護師や保健師、さらには医師の役割をも担うことのできるスペシャリストであると言えます。したがって待遇も比較的良く、月収は30万円以上である場合が多いです。

さらにボーナスが年2回数十万円ずつ出るので、年収は約500万円ほどです。加えて助産師には夜勤が必ずあります。臨月の妊婦は、いつ産気づくかわからないからです。昼間に陣痛が来たとしても、子宮口が全開になり出産できるようになるのは夜中や明け方という場合もあります。ですから助産師は、昼夜関係なく勤務する必要があるのです。

もちろん休日も休めることは少ないです。そのため夜勤手当や休日出勤手当てが必ず支払われるため、年収のトータルは上記よりもはるかに上回ることになります。夜勤や休日出勤を多くこなしている助産師であれば、年収が700万円以上になることも珍しくありません。